Mukwano Member Blogムクワノとは、ウガンダのラカイ地区に孤児院、及び職業訓練所を設立・運営しながら親を失った子供たちをサポート、世の中に働きかけていくグループです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
MUKWANOホーム 学生さん滞在記 2 15:54

前回に引き続き、鬼追さんのMUKWANOホーム滞在記をご紹介いたします。

鬼追さんはウガンダの首都近郊のナンサナに住んでいる大学生です。


***** 滞在記 *****

 

この一週間で子どもたちのタフさに私は何度も驚かされた。
朝五時に起床し、お祈りの時間などを経て、八時に始業後、夕方四時までしっかりと授業をこなした後は各自洗濯や家畜の世話などに勤しんでいた。
六時になると夕方のお祈りが始まり、ラカイの草原に子どもたちの歌が響き渡っていた。
そして夕食後、宿舎が静まるのは夜十時を過ぎてからだった。

 

しかし、授業中の子どもたちの様子は落ち着いていて、集中しているように感じた。
週の後半になると、表情に疲れが見え始めた子どももいたが、眠気を感じた際には先生に報告し、顔を洗いに行ったり、全員で外を走るリフレッシュタイムが設けられたりしていた。
日本の小学校ではなかなか目にすることのない光景であったが、それが子どもたちの授業への集中力に繋がっているよう
に思う。
先生と生徒として、一定の距離があるものの、こうした取り組みのおかげでお互いが気持ち良くいい雰囲気の中で授業が進んでいた。


今回の滞在で、親を亡くすという痛ましい経験をした子どもたちがラカイだけでも沢山いて、共同生活の中でお互いが支え合っているのを見た。
就寝時刻に、ママと泣きながら叫ぶ子どももいた。
それでも子どもたちは私と会う時にはきちんと挨拶をし、笑顔を向けてくれる。
子どもたちの支えが、子どもたち同士なのであると感じた。
つらい経験を、同じような経験をした仲間同士で分かち合える環境が子どもたちにあって、本当に良かったと心底思う。
歌と踊りに溢れた素敵な一週間を過ごさせていただいたことに感謝したい。

 

**********

 
以上、滞在記をご紹介いたしました。
鬼追さん、ありがとうございました!

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
MUKWANOホーム 学生さん滞在記 1 03:36

先月、ウガンダの首都近郊のナンサナに住んでいる大学生の鬼追さんが、MUKWANOホームを訪問されました。

現地での滞在記を書いてくださったので、ご紹介します。

 

 

 

***** 滞在記 *****

 

今回の滞在にあたり、私は初めてラカイを訪れた。

私の住居であるナンサナと比べ気温が高く、日差しも刺さるような鋭さを感じた。

七月の下旬にも拘わらずもう乾季が訪れていて、道々の草木が萎れていた。

安定した水源が確保できなければ、農業も厳しいのではないかと思うほどカラッとした気候で、

都市に住む人々が

「ラカイは食べるものがない」

と言う原因には、これが大きく関わっているのではないかと考えた。

 

 

 

滞在前、私は子どもたちとともに農作業体験をしたいと考えていたが、

収穫時期なこともあってか、主な農作業は週末に限って行っているようだったので、

今回の滞在では授業見学をメインで行うことにした。  

 

小学五年生に授業をさせてもらうこともあったが、

私が今回の滞在で何より印象的であったのが、クリスチャンの授業である。

日本で宗教について勉強するのは大体中学校の歴史の授業内であるだろう。

しかし、ここでは小学校のうちから自らの宗教について理解する時間が取られている。

宗教理解は、海外渡航において非常に重要なものであり、

グローバル化が進む現代において、無くてはならない知識の一つになりつつあるのだと考える。

そういった中で、今回このような授業に参加できたことがとても新鮮で、かつ日本について考えるいい機会になった。

 

**********

 

次回も、滞在記をご紹介いたします。

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
建築完了 05:54

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 

昨年もたくさんのご支援をありがとうございました。

 

今年も皆さんの温かいお気持ちがウガンダの子どもたちにきちんと届くよう、しっかりと活動していく所存です。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

さて、工事中だったMUKWANOホームが、ついに完成しました。

 

MUKWANOホームができて、12年。

 

建物の一部が壊れかけてきていたり、子どもたちが暮らすのに良いとはいえない状況になってきていました。

 

より良い活動を目指すべく、建物の一部を同じラカイ県内で移動して工事を進めていました。

 

工事は地域のボランティアの方々にも協力いただき、ゆっくりペースで進み、ようやく2019年スタートと共に完成いたしました。

 

子どもたちの笑顔がうれしいです。

 

このホームでの子どもたちの暮らしを、どうぞこれからもお見守りください。

 

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
現地施設滞在リポート1 22:53

2018年8月 2人の大学生が、ウガンダのラカイ県にあるMUKWANOの施設を訪ね、子どもたち、現地スタッフ、地域の方と数日間生活されました。

 

施設を体験されたレポートをいただきましたので、以下、抜粋してご紹介します。

 

  • 無力さ

私は幼いころから父の仕事の関係でタイをはじめとする諸外国で生活してきました。その関係からか中学生のころから、「国際協力」という言葉になんとなく惹かれ、将来の目標は国際協力に従事することだ、と周囲にも豪語してきました。

 

今回の訪問も、そのようなある種の(若者特有かもしれません。)勢いだけで決定したものでしたが、実際に子供たちと交流する中で私がたたきつけられたのは「私個人の無力さ」という、訪問させていただく前には予想だにしていなかった感覚でした。

 

海外の貧しい子供たちのために働きたいと宣言していた私でしたが、いざ子供たちを目の前にすると何をどうしてあげるのが子供たちのためになるのか具体的なイメージがわかず、効率的に行動に移せない。

 

たとえば、「衛生環境が整わず感染症の要因になりうるお手洗い」や、「子供たちのための狭すぎる寝室」といった種々の問題は浮き彫りになっているのに、それを改善する知識や技術、あるいは資金繰りの一助となるような施策も影響力もない。

 

そして何よりも、「幼いころに親を亡くす」という原体験を経た子供たちが。どのような心情でいるのか、どのような心持で笑って、泣いて、怒っているのか、どのようなことを「幸せ」と感じ何を心の底から望んでいるのか、そのすべてをわかってあげられない。「自分は国際協力を目指しておきながら目の前にいる子供たちの心を本当に理解してあげることさえできないのか」と挫折にも似た感情を抱いたことを覚えています。

 

(中略)

 

私はこのことを悲観しているのではありません。むしろ。この段階で自分が「無力」であることに気づけたことは非常に有意義であったと考えています。というのも、国際協力とは自分が「無力」であることを本当の意味で理解したうえで初めてなされるべきであると考えるに至ったからです。

 

例えば、仮に私が今後国際協力に従事したとしても、助けられる人数や地域の範囲、教育や都市開発、経済開発といった専門性の範囲にはおそらく限界というものが存在します。

そのことを忘れて、国際開発に従事しているということに欺瞞を覚えてしまえば、支援を受ける人々への配慮に欠けた自己満足的な支援に終始してしまいかねません。

また、支援の現場における改善の可能性も限られてしまうことでしょう。常に「自分は無力である」ことを念頭に置き、そのうえで「そんな無力な自分がわずかながらできることは何だろう」と謙虚に探究してしていく姿勢が、国際開発には不可欠であると思います。

 

この滞在で得られたこの貴重な感覚を忘れず、今後も謙虚に自分ができることを探していければと思います。

 

 

次回も、大学生のリポートの続きをご紹介します!

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
建築の進捗状況 4 14:53

こんにちは。

 

建築中のMUKWANOホームは完成間近です!

 

今のホームができて、11年。

 

建物の一部が壊れかけてきていたため、建物の一部を同じラカイ県内で移動することになり、スタートした今回の計画。

 

工事には、地域のボランティアの方々も多数参加してくれました。

 

 

 

新しい、ホームの看板もでき、子どもたちもうれしそうです♪

 

 

完成のお知らせができる日を私たちも楽しみにしています!

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
建築の進捗状況 3 22:07

こんにちは。

 

新ホームの建築は順調に進んでいます。

 

子どもたちは先生に、「ここで寝たい」と口々に言っているようです。

 

 

完成まで、あと一息!

 

引き続き、建築状況をお伝えしていきます!

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
建設の進捗状況 2 05:50

皆さま、こんにちは。

 

こちらは新しいホームの建設状況です。

 

 

なるべく良い資材を使って、建設を進めています。

 

土台が完成し、子どもたちも先生も、今か今かと完成を待ち望んでいます。

 

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
建設スタート 1 04:25

いつもMUKWANOを見守ってくださりありがとうございます。

 

 

 

2007年に建設したホームスクールですが、11年が経ち老朽化が進んでいました。

 

そこで、一部の施設を別のRakai県の土地に建て直しすることになりました。

 

ホームを少し大きくしています。

 

 

 

 

こちらが新しい土地です↓

 

 

 

メンバー一同、完成を楽しみにしています(^^)

 

今後も建設の様子をアップしていきますね。

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
雨宿りはパレード 00:00

いつもMUKWANOを応援してくださり、ありがとうございます。


MUKWANOのサポートメンバー、小川光一くんが、MUKWANOが支援しているサマニャの子どもたちのこと、ウガンダで感じたことを本にしました。小川くんらしく、素直で率直に感じたことが各所に散りばめられていて、とても読みやすかったです。

MUKWANOのことも書かれています。どうぞお手にとってご覧ください。   『雨宿りはパレード〜ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた〜』小川光一著 ・紙の本(オンデマンド)http://amzn.to/2ly4srW ・電子書籍 http://amzn.to/2lxVWcu (2/28配信開始)   よろしくお願いいたします。  

| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
ファミリーチャリティーイベントのお知らせ♪人形劇「三匹のこぶた」 19:28
MUKWANO チャリティーファミリーイベントが決まりました。

ぬいぐるみ人形劇団どんがら座さんによる
楽しいステージ「三匹のこぶた」




一度始めたことを最後までやり通す努力、

ピンチの時にはみんなで助け合う心をテーマに脚色された、

0歳から小学生まで楽しめる等身大ぬいぐるみ人形劇です。

ぜひみなさんで青山ウィメンズホールにお越しください。


2016年9月25日(日)

13:30 開場
14:00 開演
15:00 終了予定

東京ウィメンズプラザホール(青山)
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分

前売り券は完売いたしました。
当日券は若干ですが販売いたします。


大人 1500円
こども 800円

会場内にはベビーカーの持ち込みはできません。
会場入り口のベビーカー置き場にお預け下さい。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。





 





事務局からお知らせ 〜

いつもご寄付いただきありがとうございます。
毎年、秋に報告書やウガンダからお礼状をお送りしております。
ご住所が変わった方などは、info@mukwanojapan.orgまでお知らせください。
宜しくお願い致します。
| mukwano | - | - | posted by mukwanojapan
| 1/4 | >>