Mukwano Member Blogムクワノとは、ウガンダのラカイ地区に孤児院、及び職業訓練所を設立・運営しながら親を失った子供たちをサポート、世の中に働きかけていくグループです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
近況報告 17:43
 今年4月より社会人として働いています。しばらく、ブログを更新せず申し訳ありませんでした。仕事は、特別養護老人ホームで介護職をしています。 まったく目新しい環境に身を置いて、痴呆の方や障害者の方と関わることで、学び考えさせられることが多い日々です。日本の超高齢化社会の現実という大きなものから、そこに暮らすご老人の考え方というものまで様々です。
 入居されているご老人はご家族への思いが非常に強いです。これは、長く親元を離れて暮らしている私にも通ずるものがあります。
 

 ムクワノが支援しているラカイ地区のサマニャの丘では現在、孤児院の建設が順調に進んでいます。これは嬉しいニュースですが、その一方で、先日一人の少女ナムワンゲが姿を消してしまったという悲しい知らせが飛び込んできました。ナムワンゲは私もよく知る女の子で、毎日弟たちの世話をしながら、必死に生きている姿が印象的な子でした。

 親を失い、家族を失った子どもたちが自分のことを守る力がつきますように祈りたくおもいます。

本田幸久
| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by
Comment








「障害者を持ったことで良い理由」との質問には「他の障害者家族や多くの人々と知り合うことができた」(29・1%)、「人の優しさを知ることができた」(24・5%)など、人間関係の広がりを肯定的に受け止める意見が多かった。
posted by 障害者 | 2009/08/19 2:42 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.mukwanojapan.org/trackback/571739
<< NEW | TOP | OLD>>