Mukwano Member Blogムクワノとは、ウガンダのラカイ地区に孤児院、及び職業訓練所を設立・運営しながら親を失った子供たちをサポート、世の中に働きかけていくグループです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
皆でウガンダへ 07:17
先日の週末、夏のセールで賑わう新宿で、大学生4人でウガンダについて語り合いました。そうです、私たちは8月にウガンダへ行きます!サマニャの丘の子どもたちに会いに行きます!!

去年の8月に初めてウガンダへ行ったときは、NGOのワークキャンプに参加したので、大人数でワイワイと学校建設などをしました。多くの方に助けられ、多くの出会いを経験しながら、ウガンダに成長させてもらいました。
そして、今年の3月に再びウガンダへ行った時は、1人。でも、現地には友達やゆかさんも居たし、Rakaiでもまた多くの人と出会ったので、決して寂しくありませんでした。その上、Mukwano ホームの子どもたちにたくさんのパワーをもらい、日本に居る時よりも元気だったように思います(笑)

子どもたち

今回はというと、友人3名と、私の妹と、総勢5名での旅となります。不思議なもので、みんなバラバラの大学に通っていて、最近知り合ったばかりの方もいます。それなのにこの間新宿で話し合った時は、「ウガンダへ行きたい!」とか、「子どもたちに会いたい!」という気持ちをみんなで共有しました。私以外の方達は今回が初のアフリカで、私の妹に関して言うと、初の海外旅行になります。みんなにアフリカに対するイメージを尋ねたところ、「貧困」「孤児」「HIV/AIDS」などの答えが返ってきました。確かに、アフリカは深刻な問題を抱えています。しかし、今の私だったらそれに加えて、「自然」「子ども」「ゆったり」を加えたいと思います。帰国して振り返ったときに、みんなの中にもアフリカに対してプラスのイメージが増えているといいなあと思います。

私はウガンダが好きなので、友人や妹にも好きになってもらい、今回だけでなく、これからも何度も一緒に行けるようになればいいなあと企んでいます(笑)
ホームの子どもたちにまた会えると思うと、今からとても楽しみです。

ヴィクトリア湖

ウガンダにはこういう大きくて嘴が鋭い鳥がたくさんいます。
この写真はビクトリア湖で撮ったのですが、カンパラ市内でもよく見かけることが出来ます。
背丈がほとんど私と変わらないんです!しかも全く私を怖がっている様子もなく、どんどん近づいてきました。この目は完璧に私を狙っています!ああ、怖かった。

松 紀枝

| norie | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mukwanojapan
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.mukwanojapan.org/trackback/571782
<< NEW | TOP | OLD>>